(後半)質の良い睡眠をとるために必要な5つのポイントとは?

(前半)質の良い睡眠をとるために必要な5つのポイントンとは?

の続きです。

4.夕食は、野菜中心に腹8分目で

脂肪分の多いお肉や油ものは、

消化に時間がかかるので、

できる限り控えましょう。

また、量は「腹8分目」が理想です。

「野菜中心の食事を満腹の一歩手前で」

を心がけましょう!

ここで、役に立ってくるのが

「マクロビオティック」です。

もし、「マクロビオティック」を

ご存じないようでしたら、

マクロビオティック☆美容と健康に驚きの効果!

をご覧になってください。

美容と健康のためをお金をかけることなく、

誰でも、簡単に取り組むことのできる

素晴らしい方法ですので、まずは、

どんなものなのかを知って頂ければ、

と思います。

5.理想の睡眠時間は人それぞれ

 「睡眠は最低でも6時間

 とらなければ!」 とか、

 「睡眠は7時間が1番いい」

 など、いろいろな意見が

 ありますよね。

 けれども、私たちは

  一人ひとり違います。

 大切なのは、

  「自分に合った睡眠時間を

  見つけること」です。

結構、いろいろな説がテレビで紹介されるたび

にそれに振り回されてしまいます。

私も以前はそうだったのです。

でも、私たちは機械ではないので、人によって、

かなりの差があるはずなのです。

いくら、食べても太らない方もいますし、

睡眠だって、短時間で大丈夫な人と、

たっぷりと寝ない人と様々です。

確実なのは

「睡眠の質はよくしないといけない」

という、ことだと思います。

自分の理想の睡眠時間を見つける方法

 ①朝、目覚ましや人に頼らなくてもスッキリ起きられる

②昼間に眠くならず、元気に活動できる

(ただしお昼ごろ、少し眠くなるのは許容範囲)

③休みの日に、寝溜めする必要がない

この3点を全てクリアできる

睡眠時間が、自分にとっての

理想の睡眠時間となります。

自分の理想の睡眠時間を見つけるコツ

とは言え、自分にとっての

理想の睡眠時間を

見つけるには、かなりの

時間がかかります

毎日、就寝時間と

目覚ましをかける時間を

それぞれ、10分間隔ずつ

ずらしていき、自分の調子が

最もいいと感じる

時間帯を見つけるという

手間が必要なんです

ですが、理想の睡眠時間を

見つけることができれば、

体の調子が整い、美容にも

良い効果が期待できます

理想の睡眠時間を見つけるために、

快眠を促してくれるサプリを

活用するのも、おすすめです

↓↓↓

1日1粒で睡眠の質をすこやかに改善。【機能性表示食品】ぐっすりずむ

また、前回もお伝えしましたが、

枕は非常に重要なアイテムですので、

ぜひ、こだわってください。

私が今、一番気になっている枕は

↓↓↓

こちら

睡眠の大事なポイントを

紹介してきましたが、

いかがだったでしょうか

ぜひ、自分の睡眠を

見直してみてくださいね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする