[話題成分]ラクトフェリンとは?脂肪が減る?風邪や便秘に効果的!

ラクトフェリンって知ってます?

最近、話題の美容成分

ラクトフェリン」。

なんとなく聞いたことがあるような…

という方も多いのではないでしょうか?

でも、名前を知っていても、

「何に効くのか分からない!」

という声も多いようです汗

そこで今回は、ラクトフェリンの効能

についてご紹介します!

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは、

タンパク質の一種です。

強い抗菌・殺菌力を持つため、

・細菌やウイルスの増殖を抑える

・免疫機能を高める

という力があります手

>>ラクトフェリンってどう食べればいいの…?

涙、唾液、血液など、

体外へ分泌される

液中に存在していますが、

もっとも多く含まれているのは、

母乳です。

生まれたばかりの

赤ちゃんの腸内には、

悪玉菌(大腸菌など)が

発生します。

ラクトフェリンは、赤ちゃんの腸内を

悪玉菌から守り、善玉菌の増加

うながしているのですホゥ

ラクトフェリンの効能

①生活習慣病予防

◇脂肪を減らす

ラクトフェリンは、

コレステロールや血糖値を

下げてくれますにこ

また、

・内臓脂肪の蓄積を抑制

・脂肪の分解を促進

といった働きもあるんですハート

◇ピロリ菌の排出

ピロリ菌とは、感染すると

胃がんや胃潰瘍などの

原因になる菌です。

ラクトフェリンは、

ピロリ菌の排出を促し

その働きを抑制してくれますビックリ

②腸内環境を整える

ラクトフェリンには、

腸内の悪玉菌を減らし、

善玉菌を増やす

働きがありますにこ

善玉菌が増えると、

便秘解消が期待できますキラキラ レインボーカラーNO1

>>何をしてもダメ…そんな頑固な便秘に

さらに、免疫力がUPするので、

風邪やウイルスの感染の予防

も期待できますホゥ

③細菌感染・がん細胞の増殖を抑える 

ラクトフェリンは、NK細胞の活性を

助ける働きをしています。

 

*NK(ナチュラルキラー)細胞

NK細胞とは、身体の

免疫システムの一つで、

毎日生まれるがん細胞や、

ウイルスに感染した細胞を見つけ、

攻撃してやっつける

という大事な役目を果たす

細胞のことです。

ラクトフェリンがこのNK細胞を

助けることで、

細菌感染やがん細胞の増殖が

スムーズに抑えられるんですね手

④鉄分をコントロール

ラクトフェリンには、貧血気味の方に

嬉しい効果もあります!

 

ラクトフェリンは、鉄分が

欠乏している時→鉄分の吸収を促進

多すぎる時→鉄の吸収を抑える

ことで、鉄分をうまくコントロール

してくれるんですハート

>>めまい、吐き気、立ちくらみ…つらい貧血に

まとめ

ラクトフェリンの効能について

みてきましたが、いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみてくださいねラブラブ

ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援、お願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする