コーヒーの栄養は?ダイエット効果があるって本当?

今回は、良いのか悪いのか、

よく議論になる「コーヒー」

について、紹介して

いきたいと思います!

「朝のコーヒーは欠かせない!」

「のどが渇いたときは

すぐコーヒー!」という方、

少なくないのでは

ないでしょうか?

ですが、コーヒーは体に悪い

という説もあって、大丈夫かな

と心配しながら飲んでいる方も

いらっしゃるのではないか

と思います汗

どうせ飲むなら、

心配なんてせずに、

気持ちよく飲みたいですよね。

そこで、今回はコーヒーの

驚くべき効果をご紹介します目

○コーヒーの効果

◇ダイエット

コーヒー1杯(150ml)には、

60mgほどのカフェインが

含まれています。

このカフェインを摂取する

ことで、脂肪の分解が

加速されます。

◇便秘改善

コーヒーに含まれる

カフェインは、胃に負担を

かけて、胃液の分泌を

活発にします。

胃が活発になると、

消化がスムーズに

行われるので、

便意をもよおします。

ただ、カフェインには、

利尿作用もあり、体の

水分不足の原因になります。

体が水分不足になると、

便意を感じづらくなる

可能性があるので、

コーヒーを飲むときは、

積極的に水を摂取する

よう心がけましょう。

◇集中力を高める

コーヒーの覚醒作用

によって、集中力や

やる気を向上させる

ことが期待できますキラキラ レインボーカラーNO1

◇リラックス効果

コーヒー独特の香りは、

ピラジンという主成分と、

そのほかたくさんの成分

によって構成されています。

ある実験で、コーヒーの香り

をかいだ人の脳波を

調べた結果、リラックスしたとき

に出る「α(アルファ)波」

活発になっていることが

わかったようです。

◇二日酔い

二日酔いの原因は、

アセトアルデヒド

呼ばれる物質が、主な原因

だと言われています。

コーヒーに含まれる

カフェインは、アセトアルデヒド

を体から追い出して、

血液の循環を良くしてくれます目

◇糖尿病の予防

コーヒーに含まれる

クロロゲン酸は、糖尿病予防に

大きく関係していると

言われています。

クロロゲン酸は、糖の代謝を

活発にして、血糖値を

安定させてくれますにこ

◇口臭予防

ブラックコーヒーを飲むと、

口の中の雑菌が死滅するので、

口臭予防効果が期待できます。

ただ、コーヒーに砂糖や牛乳

を加えてしまうと、この効果は

無くなってしまうのでご注意を注意

◇うつ病予防

ある研究によると、毎日

コーヒーを4杯以上

飲んでいる人は、

うつ病の発症率が20%も

低くなったそうです。

◇肝臓機能を活発化

ある研究によると、 毎日2杯

のコーヒーを飲むと、肝がん

になるリスクが、4割も減少する

ことが明らかになったそうです。

コーヒーは、肝臓機能を活発化

させ、健康な肝臓を

作ってくれます

○コーヒーをどれくらい飲めば良いの?

個人差はあるものの、

一般的には一日に3~4杯ほど

(1杯150mlとして)にとどめて

おくのが良いようです。

それ以上飲むと、

カフェインの摂り過ぎによって、

不眠やイライラ感・胃痛・頭痛

などの症状が出てしまう

恐れがあります。

ただ、個人差があるので、

自分の体と相談しながら、

自分に合ったコーヒーの量

を見つけてみてくださいホゥ

コーヒーの効能について

みてきましたが、

いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみて

くださいねラブラブ

>>いま大注目のコーヒーはこちら!

Laraハート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする