虫歯ゼロにするには?虫歯の原因を徹底解説!


今回のテーマは、

「オーラルケア」です!

今回は、オーラルケアの

中でも、特に身近な

虫歯予防について

紹介していきますキラキラ

*オーラルケア

虫歯や歯周病予防のために、

歯や口の中を清潔に保つ

お手入れをすること。

○虫歯ができるメカニズム

口内にいる虫歯菌は、

歯の表面にあるバイオフィルム

という膜に感染します。

バイオフィルムは、キッチンや

お風呂などのヌメリの正体です。

虫歯菌は、バイオフィルムの中で、

食べた物に含まれる糖分を吸収し、

酸として放出します。

この酸によって、

歯が溶かされ続けると、

虫歯になります。

これを阻止するのが、唾液です。

口内の唾液は、虫歯菌が出した

酸を中和し、溶かされた歯を

修復することで、

歯を守っています。

○虫歯の原因

①歯磨きの仕方が悪い

歯磨きが上手にできずに、

歯に汚れが残ってしまうと、

食事のたびに虫歯菌が、

大量の酸を出してしまいます。

この酸の量が、唾液の量を

上回ると、虫歯に

なってしまいます。

②間食や甘いものをよく食べる

虫歯菌は、食事をするたびに、

酸を出します。

また、甘いものは、

虫歯菌が酸を作るのを

促進してしまいます。

③唾液の量が少ない

唾液の量が少ないと、

虫歯菌が出す酸を中和したり、

溶かされた歯を修復することが

できずに虫歯になります。

④歯の質が弱い

歯の質が弱いと、

虫歯菌の出す酸に対する

耐性が低くなるので、

虫歯になりやすいです。

⑤虫歯菌が多い

虫歯菌の代表格、ミュータンス菌

が生まれつき多い人は、

酸を出す量が多いために、

虫歯になりやすいです。

ミュータンス菌は、

親から感染することが多く、

小さい時に親と同じスプーンを

使ったりすると、感染しやすく

なるようです。

⑥詰め物

過去に、歯を治療して

詰め物をした場合、

その歯はどうしても健康な歯と

比べると、虫歯になりやすいです。

特に、金属やプラスチック

の詰め物は、劣化が早く、

詰め物の隙間から

虫歯になります。

虫歯の原因について

みてきましたが、

いかがだったでしょうか?

次回は、虫歯の原因への

対策について紹介しますビックリマーク

OraPearl(オーラパール)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする