理想のまくらとは?睡眠の質を上げる方法☆


六角脳枕

「朝起きると首や肩が痛い・・・」

「寝つきが悪い・・・」

という方、少なくないのでは

ないでしょうか?

もしかしたらその悩み、

枕が原因かもしれません汗

そこで今回は、

自分に合った枕を見つける

方法を紹介しますビックリマーク

○自分に合った枕の見つけ方

六角脳枕

①枕の大きさを見る

枕の大きさには、

・43×63cm(定番)

・35×55cm(小さめ)

・50×70cm(大きめ)

・43×120cm(2人用)

などがあります。

②枕の素材を見る

枕の素材は、たくさんありますが、

ここではその中から4つ紹介します。

◇ポリエステルわた

・ふわふわと柔らかい

・ボリューム感がありますが、

・ほこりが溜まりやすい

・長く使用すると、弾力性が

失われてしまう

◇羽根

・天然素材

・夏は涼しく、冬は温かい

・ふんわりやわらかな寝心地

・安価なものだと、羽根素材

独特のにおいがしてしまう

ものもある。

◇スノー低反発

・モチモチした感触

・包みこまれるようなフィット感

・低反発素材に比べて、

通気性がある

◇ビーズ

・独特のさわり心地

・超微小で、柔軟に変形する

・熱がこもりやすい

・安定感がないと感じる

場合もある

③枕の高さを見る(写真)

首にはカーブがあるので、

そのカーブにフィットしない枕

で寝ると、肩や首のこりの

原因になってしまいます。

出典:http://marthanew.com/archives/4519.html

六角脳枕

性別や体型による傾向も関係し、

一般的に女性は低め、

男性は高めのものを好むそうです。

また、細め体型の方は低め、

背骨のS字カーブ(写真)が

しっかりしている方は、

高めのものを好む傾向が

あるそうです。

④枕の形を見る

枕の形も、たくさんありますが、

ここでは有名な3つを紹介します。

・標準タイプ

素材をそのまま袋に詰め込んだ

タイプで、中心部に

ボリュームがあります。

ほとんどの枕は、この形です。

・くぼみタイプ

中心部がくぼんでおり、

くぼみの部分に頭がすっぽり

おさまるので、

安定感があります。

・ウェーブ(波)形(写真)

低反発枕に多く見られる形で、

首をしっかり支えてくれます。

波が高い側が手前になります。

出典:http://www.ichida-kyoto.com/mypillow.html

○枕選びで大切なこと

 枕選びのときに、考えると良い

要素を紹介してきましたが、

結局は好みや感覚が大切

になります。

同じ体型、同じ体重の人が

いたとしても、合う枕は

違ってきます。

自分の好みや感覚を頼りに、

合う枕を見つけましょう。

枕を選ぶときは、

実際にさわってみる

 ・頭や首に当てて、感触を

  確かめる

とより良いです。

ぜひ参考にしてみてくださいねキラキラ レインボーカラーNO1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク