乳酸菌って何?健康や美容にいいの?Part2☆~乳酸菌の摂り方~

今回は、前回の続きで、

乳酸菌の摂り方について紹介して

いきたいと思いますビックリマーク

○乳酸菌の摂り方

◇食事から摂る

・ヨーグルト

乳酸菌を摂るのに適した食品といえば、

ヨーグルトが有名ですよね。

☆ヨーグルトを食べるタイミング

ヨーグルトは、朝食にフルーツなどと

一緒に食べる方が多いと思います。

けれども、順天堂大学病院の

小林弘幸教授によると、

に食べた方が

より効果的だそうです。

なぜなら、ゴールデンタイム

(夜の10時~深夜2時)は、

腸がもっとも活発に動く時間帯で、

その2~3時間前(夕食時)に

ヨーグルトを食べると、

整腸作用が高まるためです。

手食前は、胃酸の影響で、

乳酸菌が死んでしまうので、

夕食後に食べるようにしましょう。

☆ヨーグルトと一緒に摂ると良いもの

・オリゴ糖

ヨーグルトの乳酸菌のエサとなり、

腸内の乳酸菌を増やしくれます目

オリゴ糖は、アボカド、オクラ、

きのこ類、海藻類、ゴボウ、納豆などに

多く含まれます。

・フルーツ

フルーツ(イチゴ、バナナ、キウイ、

ミカン、リンゴなど)に含まれる

水溶性食物繊維は、腸内の乳酸菌を

増やしてくれます。

さらに、便を柔らかくする働きがあります。

ヨーグルト以外では、

・味噌

・漬物

・キムチ

・しょうゆ

などの発酵食品からも、

乳酸菌を摂ることができます。

これらの食品には、生命力が強く、

生きて腸まで届く植物性乳酸菌が

多く含まれています。

ですが、食べ過ぎると

塩分の摂り過ぎになってしまうので、

量には注意しましょう。

なお、乳酸菌を多く含む食品は、

違う種類の食品を食べ合わせること

(味噌と漬物を一緒に食べるなど)で、

相乗効果が期待できます。

乳酸菌を多く含む食品を、1日3種類以上

摂ると、腸内の善玉菌の増殖が

加速されると言われています。

◇サプリメントから摂る

食品から乳酸菌を摂るのが

最も効果的ではありますが、

手間や時間を考えたら、

サプリメントから乳酸菌を摂るのも

決して悪くはありません。

乳酸菌を摂るサプリメントで

おすすめなのが、

ライラック乳酸菌 です目

ライラック乳酸菌 は、

乳酸菌を死なせてしまう胃酸の影響を

受けないカプセル状のサプリメントです。

胃酸の分泌が多い空腹時でも、

乳酸菌を十分に摂ることができます

食前や食後に飲まなければという

制約が無いので、気が楽ですキラキラ レインボーカラーNO1

>>詳しく知りたい方はコチラ! 

○どれくらい乳酸菌を摂り続ければ良い?

便秘が解消するなど、

効果が実感できても、
継続して摂り続けることが必要です。

なぜなら、外部から摂った乳酸菌は
腸内にずっととどまるのではなく、

ほとんどが便として排泄されてしまう

からです。

一度効果を実感できたとしても、
乳酸菌を摂り続けないと、やがて

効果が無くなってしまうのです汗

○乳酸菌は熱に弱い

乳酸菌は高温に弱く、60℃ならば

30分ほどで死滅してしまいます。

ですが、死んだ菌でも、様々な効果が

あると分かってきていて、食べても無駄

ということはありません。

乳酸菌の摂り方にいてみてきましたが

いかがだったでしょうか?

ぜひ参考にしてみてくださいね音譜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク