ポポリフェノールって何?美容や健康に良いの?Part2☆

Laraですキラキラ

今回は、前回の続きで、

ポリフェノールの種類と、摂取方法を

紹介したいと思います!

○ポリフェノールのおおまかな分類

ポリフェノールは、植物に含まれている

色素成分の総称で、5,000種類以上

存在しているといわれています。

ポリフェノールは、

・色素から成る「フラボノイド系」

・色素以外から成る「フェノール酸系」

2種類に大きく分類されます。

ポリフェノールの約90%はフラボノイド系で、

ポリフェノールの中でも特に重要な色素成分です。

同じフラボノイド系といっても、各色素成分

によって働きや効果が異なります。

○ポリフェノールの種類

ポリフェノールの種類は5,000種類以上ありますが、

ここでは主な種類を紹介します。

①  アントシアニン

フラボノイドの一種で、

カシスやブルーベリーなどのように、

青紫色の色素のこと。

目の健康を保ち、生活習慣病の予防にも

効果が期待できるとされています。

②  レスベラトロール

ブドウなどに多く含まれるポリフェノールで、

美容面&健康面への効果が期待できます。

美容面では、肌のターンオーバーを整えて、

シミやたるみなどを予防してくれます。

健康面では、生活習慣病予防に効果があり、

メタボリックシンドロームや糖尿病などの

予防に効果的と言われています。

③  カテキン

フラボノイドの一種で、紅茶や緑茶に

多く含まれる苦み成分です。

抗酸化作用抗菌作用を持っており、

感染症虫歯などを予防してくれます。

④  ケルセチン

フラボノイドの一種で、野菜に含まれています。

血流の流れを改善する効果があり、最近では、

関節炎の症状を和らげる効果も注目されています。

○ポリフェノールの摂り方

◇食品から摂取する

上記の①~⑤の成分を摂取できる

食品を紹介します。

①  アントシアニン

・ブドウ

   ・ブルーベリー

   ・カシス

   ・ナス

②  レスベラトロール

・ブドウ

   ・プルーン

   ・ココア

   ・アーモンド

③  カテキン

・緑茶

   ・ウーロン茶

   ・紅茶

カテキンは、緑茶に特に多く含まれます。

④  ケルセチン

・玉ねぎ

   ・ブロッコリー

   ・レタス

   ・リンゴ

   ・柑橘系の果物

手ケルセチンは、水溶性のため、

水にさらすと成分が溶けてしまいます。

なので、野菜や果物を洗うときは、

あまり水にさらさないようにしましょう。

スープなどにして上記の野菜を

摂取すると、溶け出たケルセチンを

もれなく摂取することができます目

◇サプリメントから摂取する

食品から摂取することが

一番自然で効果的な方法ですが、

ポリフェノールを含む食品を意識して買って、

調理して・・・を毎日繰り返していると、

疲れますよね汗

また、調理の際に脂質や糖質を使いすぎると、

かえって健康を害してしまうかもしれません。

そこでおすすめなのが、サプリメントです目

最近では、ポリフェノールと言っても、

たくさんの種類のサプリメントが

発売されています。

その中でも特におすすめなのが、

美健知箋ポリフェノール」です。

美健知箋ポリフェノールは、

佐藤製薬から販売されているサプリメントで、

・ポリフェノール&生姜&高麗人参(主成分)を含む

・主成分をサポートする天然成分9つ

・有効成分の相乗効果

・体の巡りが良くなる

といった特徴があります。

美健知箋ポリフェノールは、

ポリフェノールはもちろん、

生姜と高麗人参も摂取できるため、

冷え性改善体の巡りを良くすることなど、

1つのサプリメントでいくつもの効果を

得ることができるんですビックリマーク

>>もっと知りたい方はコチラ!

ポリフェノールの種類と摂取方法について

みてきましたが、いかかでしたか?

ぜひ、参考にしてみてくださいねホゥ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク