質の良い睡眠をとるために必要な5つのポイントとは?睡眠と美容の関係☆

睡眠と美容の関係は、

多くの方が常に

意識されているのでは

ないでしょうかはてなマーク

けれども、

「睡眠時間を多くとっているのに

疲れが取れない」

「睡眠時間が短い方が

体の調子がいい気がする・・・」

など、自分の睡眠に

満足できていないという

意見をよく見かけます汗

そこで今回は、

「質の良い睡眠をとるために

必要な5つのポイント」

を紹介したいと思いますビックリマーク

1.  快眠への環境を整える

・部屋を暗めにする

 自然に眠りにつけるように、

 照明はなるべく暗くしましょう。

・就寝前に体温を上げる

 就寝時に、体温が下がりやすくなり、

 熟睡できるようになります。

 体温を上げるためには、

 湯船につかることが

 最も効果的です。

 その他、手の平や足裏の

 マッサージも効果的です。

・寝る前にスマホやPCを操作しない

 就寝前に、スマホなどの液晶画面を

 見続けると、睡眠や体内時計を

 つかさどる「メラトニン」という

 ホルモンの分泌が

 抑えられてしまいます。

 メラトニンが不足すると、

 寝つきが悪くなり、

 快眠が妨げられてしまいます。

2.午前0時までにはベッドに入る

 

成長ホルモンの分泌が

最もさかんになる時間帯は、

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、

夜の10時~深夜2時の間

されています。

○ゴールデンタイムに眠るメリット

・疲労回復、免疫力の向上

 睡眠のゴールデンタイムに

 多く分泌される

 成長ホルモンには、

 体をメンテナンスする

 働きがあります。

・肌荒れの改善

 成長ホルモンは、

 肌の組織を修復・再生します。

 また、睡眠中の

 肌の新陳代謝を活発にし、

 老廃物の排出を促してくれます。

・ダイエット効果

 成長ホルモンは、

 体内の脂肪を分解し、

 エネルギーとして使います。

 そのため、太りにくい体に

 なることができるんです。

3.就寝3時間前までに食事を済ませる

食事を摂ると、体は消化に

エネルギーを費やします。

もし、寝る時間に消化中だったら

どうなるでしょうはてなマーク

睡眠時間に消費されるべき

カロリーが後回しになり、

寝ている間に脂肪が

吸収されてしまうんですガーン

なので、就寝時には消化が

終わっているようにしましょう目

4.夕食は、野菜中心に腹8分目で

脂肪分の多いお肉や油ものは、

消化に時間がかかるので、

できる限り控えましょう。
また、量は「腹8分目」が理想です。

「野菜中心の食事を満腹の一歩手前で」

を心がけましょう!

5.理想の睡眠時間は人それぞれ

 「睡眠は最低でも6時間

 とらなければ!」 とか、

 「睡眠は7時間が1番いい」

 など、いろいろな意見が

 ありますよね。

 けれども、私たちは

  一人ひとり違います。

 大切なのは、

  「自分に合った睡眠時間を

  見つけること」です目

 ○自分の理想の睡眠時間を見つける方法

 ①朝、目覚ましや人に頼らなくてもスッキリ起きられる

②昼間に眠くならず、元気に活動できる

(ただしお昼ごろ、少し眠くなるのは許容範囲)

③休みの日に、寝溜めする必要がない

この3点を全てクリアできる

睡眠時間が、自分にとっての

理想の睡眠時間となります。

とは言え、自分にとっての

理想の睡眠時間を

見つけるには、時間がかかりますショックなうさぎ

毎日、就寝時間と

目覚ましをかける時間を

それぞれ、10分間隔ずつ

ずらしていき、自分の調子が

最もいいと感じる

時間帯を見つけるという

手間が必要なんですあせる

ですが、理想の睡眠時間を

見つけることができれば、

体の調子が整い、美容にも

良い効果が期待できますきらきら

理想の睡眠時間を見つけるために、

快眠を促してくれるサプリを

活用するのも、おすすめですホゥ

機能性表示食品『テアニン快眠粒』

睡眠の大事なポイントを

紹介してきましたが、

いかがだったでしょうか?

ぜひ、自分の睡眠を

見直してみてくださいねはな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク