ブラッシングで美しい髪に!効果や方法は?人気ブラシもご紹介♡

コスパがいい、ヘアケア方法とは?

みなさんは普段、

どのようなヘアケアを

行っていますか?

美容院でのトリートメント、

美容効果の高いシャンプー

を使うなど、方法は

さまざまだと思います。

でも、もっと簡単で、

コスパもいい、ヘアケア方法

があるんです!

それは、ブラッシング目

「ブラッシングなんて」と

思われる方もいらっしゃると

思いますが、その効果には

驚くはずですビックリマーク

ブラッシングの効果

髪や頭皮を清潔に保つ

髪の毛(特に後頭部)は、

自分では確認しづらい

ですよね。

でも実際は、ほこりや汚れ、

整髪料などが、髪に

付着しているんです汗

ブラッシングにより、

ほこりや汚れを

落とすことができますキラキラ レインボーカラーNO1

髪に潤いを与える

髪の毛がパサパサになったら、

ヘアオイルやトリートメントで、

潤いをおぎないますよね。

もちろん、それでも髪を

潤わせることができます。

でも、私たちの髪は、

天然の皮脂」という

潤い成分を分泌して

くれているんです!

この天然の皮脂は、

主に頭皮から

分泌されています。

しかし、頭皮だけに

とどまっていると、

髪の毛の根元の部分くらい

までしか行き届きません汗

ブラッシングをすることで、

皮脂が毛先まで届くように

なるため、髪の毛が潤い、

ツヤ髪になれるんですラブラブ

からまった髪をほどく

私たちの髪の毛は、

一定の周期で

生え変わっています。

ブラッシングをすることで、

寿命がつきて抜けた

髪の毛が、他の髪の毛に

からまり、うずもれてしまう

のを防ぐことができます。

どんなブラシがいい?

ブラシ選びも、

ブラッシング効果を

上げるために大切なポイントキラキラ

例えば、くし(コーム)は、

ブラッシングには向きませんあせる

ブラッシング用のブラシにも、

種類があります。

それぞれの特徴を

紹介して行きますハート

動物の毛で作られたブラシ

イノシシや豚の毛で

作られることが多いブラシです。

この種類のブラシは、

頭皮や髪の毛へのダメージが

少ないのが特徴です。

また、自然なツヤ

与えてくれます。

>>芸能人愛用の猪毛ブラシ

ナイロン製ブラシ

軽くて使いやすく、値段も

手ごろな商品が多いです。

多くのものは、

水洗いできるので、

手入れが簡単です。

新素材を使ったブラシ

最近では、マイナスイオン

出してくれるような機能を

持った素材が使われている

ブラシが発売されています。

静電気を起こりにくくし、

潤いやツヤを与える効果が

高いと言われています。

>>ツヤ髪成分配合のブラシ

*マイナスイオン

マイナスイオンは、

空気中の物質がマイナスに

帯電したものです。

静電気などで、髪に

プラスイオンが発生すると、

髪が傷みやすくなります。

マイナスイオンは、

プラスイオンの働きを弱め、

髪の傷みを抑えるとともに、

髪に潤いやツヤを与えて

くれます。

ブラッシングのタイミング

昼間は、カールやアップヘア

など、ストレートヘア以外の

髪型だと、ブラッシングを

するのが難しいこともあります。

では、いつブラッシング

すればいいかのか?

おすすめは、朝と夜です音譜

朝起きたときは、寝癖が

ついていることも多いですよね。

また、寝ている間に、

髪にはたくさんのほこりが

付いてしまっています。

ブラッシングによって、

それらを緩和することが

できますキラキラ レインボーカラーNO1

夜は、

・シャンプーの前

・ドライヤーの後

にブラッシングするのが

おすすめです手

シャンプー前に

ブラッシングをすると、

髪の毛についた

汚れやほこりを落とし、

シャンプーの泡立ちが

良くなります。

詳しくはこちら

ご紹介しています♡

ブラッシングの方法

方法と言っても、

そう大変なことでは

ありませんホゥ

一つ心がけたいのは、

優しくブラッシング

することです!

頭皮に近い毛に比べて、

髪の毛先は、どうしても

痛んでしまいます。

痛んで、からまっている髪を、

ブラッシングで無理矢理

とかすのは、髪や頭皮への

負担が大きいです。

毛先がからまっているときは、

ブラシで一気にとかそうとせず、

何回かに分けて、少量ずつ

とかすと、からまりが

ほどけやすくなります目

ブラッシングについて

みてきましたが、

いかがだったでしょうか?

ぜひ参考にしてみて

くださいね音譜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク